2017年01月21日

手作りスムージーを作るためのミキサー選びに迷ったら!

スムージーミキサー選びに迷ってるなら
これがおすすめ

野菜や果物を丸ごとつぶして、
ジャーベット状にしたスムージー。

グリーンスムージー.png

健康維持や、体質改善、ダイエットのために、
スムージーを食生活に取り入れたいから、
自宅で手作りしたい。

そうなれば、用意しなければいけないのが、
スムージー用ミキサー。

ミキサーにさほどそんなに差がないんだろうな〜って、
思ってたのですが、

色々探してみると、
金額もピンキリだし、
たくさんの用途に、種類もあって、
選ぶのも大変。


だと思うんです。

だからせっかく買うなら、
納得した物が欲しいし、と、
考えているうちに、
よけいに迷ってしまい、
正直、めんどくさいな〜って
思ってしまった私。

選ぶ段階でめんどくさく感じてしまうのでは、
せっかくスムージーミキサーを買っても、
続けて作っていくことできるのかな?って、
少し不安になってしまいました。

そこで
まずは手軽に簡単に始められる簡単スムージーから、
試してみることにしました。



ミキサーを使わないナチュラルミネラル酵素スムージー


私が選んだのはこちら。

20150301_142229.jpg

◆手軽で簡単!ミネラル酵素グリーンスムージー

水や牛乳に混ぜるだけで、
簡単に野菜や果物が、
スムージーとして飲めるのです。

ミキサーを使わずにスムージーが飲めるって、
簡単すぎません?

ミキサーで作るとなると、
お野菜、果物の購入は必須です。
買い忘れ、賞味期限など、
気にしなくちゃいけないという点では、
このミキサーいらずのグリーンミネラルスムージーは、
簡単だし、手軽です。

ミネラル酵素グリーンスムージーは、
厳選された約200種類の葉野菜と
フルーツを配合。

野草系・90種
野菜系・33種
果実系・33種
穀物類・19種
海藻系・4種


を粉末にしてくれてるんです。

これだけのものを、
ミキサーを使って、
手作りスムージーの中に入れるのって、
大変だし、苦労しそうです。

どうしても
好きな物ばかり摂ってしまいがちで、
栄養素も偏ってしまうような気がします。

それだけでなく、
葉野菜にプラスして、
体にとって必要不可欠な無機成分で、
食物からとる必要のあるミネラルと、
人間にとってとても大切な酵素
一緒に摂れるスムージーとなると、
女性には嬉しいですよね〜

そして何よりも、手軽さがいい。

牛乳または水200tにスプーン2杯、
専用シェイカーに混ぜるだけ。

シャカシャカって、ほんと簡単に
ミキサーなしでグリーンスムージーが作れるんです。


こんなに簡単でいいの?っていうくらい、
あっという間に作れるますので、
忙しい朝には、時短にもなるので、
とても便利だと思います。

私も飲み始めて、便秘解消になりましたし、
スムージーを飲むってことで、
不足しがちな栄養素を補ってるという、
ちょっとした安心感もありますし、

季節の変わり目に、
吹き出物とか出てたけど、
肌荒れもすくなくなり、
目立たなくなったような気がしています。

また、マンゴー味で飲みやすく、
手作りの時と違って、
レシピも組み合わせも考えなくて済みます。

グリーンスムージーを飲む習慣をつけるためにも、
混ぜるだけで簡単で、
手軽だからこそ続けやすいですよ!

20150301_142729.jpg

約200種類の栄養素を凝縮した
ミキサーいらずのグリーンスムージー


フレッシュなグリーンスムージーが作れるおすすめスムージーミキサー



それでも、やっぱり手作りにこだわりたい!

色々調べてみた
スムージーのためのミキサーについて、
初心者の私の目から、

◎スムージーミキサーならこれがいいかも?

E381BEE3828B.png
×ん〜これはちょっと気になる。

E682A9E381BF.png
ってところを、少しまとめてみました。


スムージーは野菜や果物の皮や種にも
栄養があるので、
一緒に丸ごとつぶします。

となれば、

◆強力パワーの方がいいのでしょうか?

◆それとも、普通のミキサーでも、
スムージーつくりは出来るのでしょうか?


パワー重視のバイタミックス



バイタミックス.png
バイタミックスHPより

有名なところでは、
スムージー専用ミキサーバイタミックスです。
というか、正直、これしかないって
思ってました。

米国製のスムージー専用ミキサー
有名芸能人の方も使ってたりと、
なんともセレブ感が満載で、
高級な商品のイメージがありますが、
それ相当の価値はあるじゃないかと、
思いましたね。

これはいいかも♪
◆「混ぜる」「砕く」「つぶす」「冷却」などのスムージー以外にも
十分使える8種類の機能がある。

◆意外にもお手入れがしやすく、
 容器と刀は一体化になって分解できないが、
 水と中性洗剤を入れて作動され、すずいで乾かすだけでOK。

◆強力パワーで、細かく砕かれ口当たりもよく、
 飲みやすく仕上がる。


これはちょっと×?
◆大手量販店での取り扱いがなく、
値段が高い。約78000円前後。

◆高さ51p、重さ4.1kgとかなり重く、
収納場所の確保が必要。

◆大きい分、出し入れが大変。

◆少量作りには向いてない。


本格的にスムージーを飲み、
続けていける自信があって、
広いキッチンなら、
バイタミックスいいと思います!

国内メーカーPanasonicファイバーミキサー


Panasonic.png
Panasonicファイバーミキサー

手軽に始められそうな、
Panasonicのファイバーミキサー。
お値段も手頃です。

Panasonic独自のカッターを搭載し、
従来のスムージーと比べ、水の量を減らし、
野菜たっぷり使った濃い物が作れます。

国内メーカーであることから、
保証や使い方も安心ですね。
また、人気度も高く、口コミ評判もいいです。

これはいいかも♪
◆容量が1ℓなので、一人分からでも作れる。

◆見た目スッキリコンパクト。

◆移しかえさずにそのまま飲めるタンブラーミキサー付き。

◆葉野菜が浮いてきたとき、
ふたを閉めたままかき回せる
 スムージーバー付き。

◆ふたを完全に閉めないと作動しないロック付。


これはちょっと×?
◆台と容器が一体化なので、掃除がしにくく、
 汚れが入り込んでしまう。

◆パワーが少し弱く、粗さが残りそう。


ビンタニオ マイボトルブレンダー


マイボトルブレンダ―.png
ビンタニオHP

狭いキッチンだし、とにかくコンパクトで、
簡単にスムージーを
ミキサーで作りたいって方には、
ビンタニオマイボトルブレンダーが
おすすめ。

これはいいかも♪
◆コンパクトなのに、パワーは引けを取らない。

◆400ml容量で、移しかえなくても飲める。

◆値段がプチプラ。3700円前後。

◆収納場所も少しのスペースで可能。



これはちょっと×?
◆1〜2人分しか作れない

◆氷の粉砕は家庭用なら大丈夫だが、
細かく砕けない。

◆冷凍した果物など、
利用できない可能性もある。

◆お手入れは、刀と容器が別々にならないし、
 スポンジが届きにくい。



結論

スムージーを作るためのミキサーは、
自分が作りたいタイプで、
選ぶことになりそうです。


◎例えば、口当たりがよく
飲みやすい物重視なら、
強力パワーのタイプ、
バイタミックスなどがおすすめ。

◎手軽に作りたいならコンパクトな物。

◎使いやすさ、
国産メーカーにこだわる場合などは、
Panasonicがおすすめ。


まずはスムージーを飲んでみようって
思ってるなら、
水や牛乳を加えて混ぜるだけ。
簡単グリーンスムージー
から、
初めてみるのも良し!

手作りにこだわり、
自分好みのスムージーを飲みたいって人は、
ミキサーで作るのも良し!

健康維持や栄養補助のためにも、
無理なく続けれる方法を見つけて、
毎日元気に過ごしていきたいですね♪
posted by sumu-ji-mikisa at 18:59| スムージーミキサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

ミキサーなし!ナチュラル酵素グリーンスムージーが簡単で飲みやすい

ナチュラルミネラル酵素スムージーが飲みやすい理由


ナチュラルグリーンスムージー


実は私、
この粉末タイプのグリーンスムージー、
興味があって、いくつかの商品を
試したことがあるんですね。

その中でも、
このナチュラルグリーンスムージは、
一番よかったと思います。

専用シェイカー.jpg


その理由としては、

◆混ぜやすさ
粉末が細かいので、
冷たい牛乳でも固まることが少なく、
サッと溶ける感じ。



◆飲みやすさ
甘さが目立つのが多い中、
あっさりとした味で、
マンゴーの味も強調されずにさわやかでした。
混ぜて5分くらい置くと、
とろみがでるスムージーとなりますが、
私個人的には、混ぜたすぐの方が、
さらりと飲めて、好きですね♪


20150301_143222.jpg


◆簡単&手軽さ
また気に入ったのが、この専用シェイカー。

200tの目盛もついているし、
フリフリしたあと、そのまま飲めます。

そしてこの泡立ちが、
飲みやすさをもっと増してくれて、
美味しんですよね。

飲んだ後の片づけは、
このシェイカーのみ。


ミキサーを使って手作りすると、
野菜を洗って、
汚れたミキサーを洗う手間って、
面倒くさいから、
これは楽チンですよね。

忙しい朝に、助かります。

手作りスムージーのために
ミキサーを探してて、
何だか続ける自信がなくなってしまった
私ですけど、

手軽に、それも簡単に、
グリーンスムージーが摂取できる、
ミネラル酵素グリーンスムージーは、
とても気に入っています。

続けて飲むことで、
ほんと、体質改善にもなるし、
私は特にお通じもよくなって、
デトックスじゃないですけど、
お腹がすっきりした感、あります。

笑顔2.png

◎ミキサーを買っても、続ける自信がない。
◎まずはスムージーを
 生活の中に取り入れてみたい。
◎そして何より、
 手軽に始めてみたいという人。


グリーンスムージーを毎日飲みたいって思って、
ミキサーを探していて、
いろいろあり過ぎて迷ってしまったなら、
まずは手軽に始められる、
こういった粉末タイプから始めるのも、
1つの方法だと思いますし、

ほんとおすすめできる商品です。

一袋からでも購入できて、
すぐ飲みはじめることができますので、
この機会にぜひ。

詳しいことは、こちらへどうぞ。
↓↓
ミキサーいらず。
水や牛乳を加えて混ぜるだけ簡単グリーンスムージー


★関連記事★
スムージーミキサー選びに迷ってるならこれがおすすめ!
posted by sumu-ji-mikisa at 19:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

グリーンスムージーも作れるおすすめジューサー

ミキサーやブレンダ―でスムージーを作るイメージがありますが、実はジューサーでも手作りスムージーができるんです。

ミキサーとジューサーの違いは?


それぞれの機能の特徴としては、

◆ミキサー・・粉砕して混ぜる
◆ジューサー・・絞る

スムージーは基本、凍らせた野菜や果物をシャーベット状にした飲み物。
なので、硬く固まった野菜などを粉砕するので、ミキサーが向いています。

それと、
種や皮ごとミキサーに入れるのもスムージーの特徴。

だから硬いものを粉砕するパワーが必要になるので、パワーが強いミキサーがスムージー作りには適しています。

とはいえ、凍らせた野菜を入れず、
生の野菜や果物を多く入れて作ったものは、
「グリーンスムージー」と言われています。

スムージーミキサー


ただし、ミキサーでグリーンスムージーを作る際には、水分、例えば牛乳や水、豆乳などを一緒にいれないと、野菜や果物の食材だけでは作れません。ただ細かく砕く機能で食材の水分はあまり出てこないからです。

その点、ジューサーは絞る機能のため、生野菜や果物の水分だけを絞ってくれるので、食材のみの新鮮なジュースとして飲むことができます。

ミキサーで作るグリーンスムージと違うところは、食材すべてを粉砕するのに対し、ジューサーは種や皮は絞りかすとして出てしまうところ。

丸ごとつぶすミキサーは、食物繊維も含まれているためシャーベット状のとろみがありますが、ジューサーは果物だと果汁のみになります。

また生の野菜や果物を使う魅力としては酵素が摂れることだと思うのですが、実はこの酵素、熱に弱いのです。

グリーンスムージーを作る際、高速でパワーのあるミキサーの場合は、短時間でスムージーが作れるのでそれほど刃の回転熱は伝わらず酵素の破壊は少ないようですが、どうしてもパワーが弱いと細かく砕き、滑らかにするには長くミキサーを回す必要があり、その熱により酵素は失われてしまう可能性も。

だからパワーが強いスムージーミキサーを選んでいる人も多いのです。

その反面、ジューサーは絞ることがメインではありますが、低速回転タイプであれば、ゆっくり食材の水分を絞りだすので、熱で酵素の破壊も少ないです。

例えば、このヒューロムスロージューサーの場合、石臼のように食材をすりつぶして水分をしぼっていて、おまけに国際特許を取得している世界初の低速絞搾方式のため、熱に弱い栄養素や酵素をなるべく破壊しない特徴があります。皮や種は絞りかすとして排出されてしまいますが、その分飲みやすく口当たりがいいので美味しいグリーンスムージーが作れます。

ヒューロムスロージューサーー.png


スムージーミキサーにもたくさんの種類がありますし、パワーと機能が満載で一番人気のバイタミックスは不動ではありますが、高額のためなかなか手が出ない人もいると思います。

ミキサー以外にも、ジューサーで作るグリーンスムージーはかなり飲みやすく、口当たりもいいですし、お値段も手が届きやすい商品がたくさんあります。

グリーンスムージーを作れるジューサーもおすすめです。
◆今話題のコールドプレスジューサー、スロージューサー

★関連記事★
〇ミキサーなし!ナチュラル酵素グリーンスムージーが簡単で飲みやすい

〇スムージーミキサー選びにまよってるならこれがおすすめ!

posted by sumu-ji-mikisa at 22:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする